幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メジロのつがい

向かいの関口フランスパンにいこうとすると、何かが木の陰から飛び立ちます。
小さな、緑色の・・・メジロです。

2匹で、つがいなのでしょう、低く飛んだり、高く飛んだり、しばらく、見とれてしまいました。

そのあと、江戸川公園に向かうと、梅の花が真っ盛りです。とてもいい香り。
そして、さっきのメジロ?が、2匹で梅の蜜を吸っています。

紅梅白梅に緑の目白、とても綺麗です。
しばらくすると、少し大きな鳥がやってきて、メジロが飛んでいってしまいました。

どっしりして落ち着いて、近くに行ってもなかなか逃げません。
ヒヨドリでしょうか?目をつむって、 気持ちよさそうです。

温かい日差しの下、子どもが遊んだり、年配の肩がベンチに腰掛けていたり、
若いカップルが鉄棒をして遊んでいたり、のどかな日曜日の午後でした。

スポンサーサイト

PageTop

母の愛

「山梨の息子に野菜を送ったの」
週末、雪の予報が出た頃です。

「2年前、大雪で、急いで野菜を送ったけど、全然届かなかったの。
だから、雪の予報が出たら、野菜を送るの。

この前は、送ったら、近所の方にも分けてあげて、とても喜ばれたって。
お寺に入るって、言い出したら聴かないから。」

いいお母様!

PageTop

おつりに困って・・・

タクシーのつり銭が少なくなって、五百円玉は0枚、百円玉があと3枚になってしまいました。
西麻布の近くの○ーソンに入って、キャラメルナッツ190円を買って、

「恐れ入りますが、百円玉と五百円玉を少し大目にいただけませんか?」と、
両替を断られるかと思いながら訊いてみました。

5千円札を渡すと、「はい、まず2千円」と千円札を2枚頂きました。
その後、コインを数えるケースを出して、五百円玉を3枚百円玉を13枚十円玉を1枚入れて見せてくれながら、

「十円玉と五十円玉は大丈夫ですか?」と訊いて下さったのです!!
胸元に「オーナー」の文字を見つけました。

なんて、優しいのでしょう!
みんなが両替にいったら、困っちゃうけど、是非、お買い物に行ってほしい!!

PageTop

スピリットダンス

今日はすごい雪ですね!
満員の電車の中でも静かに我慢されていると伺い、大変の思いをされていると思います。

私は、昨日スピリットダンスに行きのびのび踊り、新年会で山川紘矢さん亜希子さんのお話を聴き
とても幸せな気分です。

何が起こっても、不安にならないで大丈夫と話されていて、うれしくなりました。
また、13の月の暦のワークをされる中澤亮子さんが隣になり、

「私はkin9です」というと、「kin20くらいまでの人は、地球に最初に来た創生期の人で、何度も生まれ変わっているんですよ!
今の地球は、生まれたがっている人がたくさんいて、その上、日本に生まれたい人がひしめき合っているから、
ものすごく運がいいんですよ!」と伺い、驚きました。

よくわからないことが多いので、私は地球に来たばかりなのかと思っていましたが、だいぶ前からいたのですね!
なんだかうれしくなりました。

PageTop

ソース発見編ワークショップ

「ワクワク」とは、あなたの「個性」の別名であり、「ワクワク」を生きることは「あなたらしさ」を生きること。
ソースの書籍の赤い帯を見るたびに、「出会えてよかった!」と思います。

ワークショップをするたびに、「ワクワク」を生きている人に出会えます。
自分の「ワクワク」を再確認することは、再び「その時」を生きることです。

その人の「ワクワク」に共感するとき、私も「ワクワク」します。
一緒にその場にいるような感覚です。

経済面でも健康面でも一切の制限無く、ただ、時間だけが、あと1日だったら・・・
そんな時、今日やっていることをするとしたら、今日やっていることが、本当の「ワクワク」

何かの本で、

「悟る前に、薪を割る
悟った後も、薪を割る」

と読んだことがありました。
同じ行為をしていても、心が違う。

ソースを受ける前も、運転が好きだった。悲しいことがあるとドライブした。
失恋したとき、下田まで車を走らせた。日帰りで帰ってくると疲れて眠る。

翌日は、なんだかすっきりする。
タクシーの仕事に出るといろんなドラマに出会う。

先日、入院の送迎で、お部屋まで送って、付き添いのお姉さまを送って帰るので、お手伝いしながら待っていた。
カーテンを閉めて検査をしているので、廊下でお姉さまと話していると、急に大きな声がする。

「もう、帰ります!」
えっ、帰る?

声をかけずに着替えを始められてしまったらしい。
突然のことで、とても怖かった様子。

「置いていかないで!一人にしないで!」
突然のことに、先生も看護士さんも、もちろんお姉さまも驚きます。

傾聴して、言葉を繰り返し、理解していることを伝え、共感し、だんだん落ち着いてきました。
足が良く動かないのでずっとさすりながら、話を聞いていると「足が温かくなってきた」と、少し緩んできます。

お姉さまも「じゃあ、帰りましょう。もともと、入院したくなかったのでしょ?急な話だったし」
先生も「牢屋じゃないから、いつでも出られるし、入院しなくてもいいんですよ」

私も「帰りますか」と、みんなで寄り添うと、「・・・・みんなに、元気になって帰ってくるって挨拶したし・・・」
先生も看護士さんも「ちょっと、席をはずしますから、考えが決まったら、呼んでください」と立ち去ってくださいます。

お姉さまは「心臓がどきどきする。朝が早かったから、薬を飲んでいないの」と、何か食べ物を買いに行くことになり、
「下平さんも何か見てきて」と、おっしゃるので、少し静かに一人で考えてもらうことにしました。

戻ってくると、看護士さんとお話していて、入院することに落ち着いたようでした。
お姉さまと、荷物をしまって、それぞれが整って、少し、ご飯も食べ始めました。

話の流れで、笑ったり、普通におしゃべりできるようになり、ほっとした頃、「すぐにトイレに行きたい!」
とおっしゃいます。ナースコールを押しましたが、なかなか来ません。

「間に合わない」と急ぐので、トイレに行き、お手伝いをしましたが、「止まっちゃった」
「出してもらいたいから、看護士さんを呼んで」とおっしゃるので、再びナースコール。

見に来てくださったのは、男性の看護士さん、「同性がいい」というので、また、待って、やっと、女性の看護師さんがくると
「危ないので、座ったままではできません。ベットで横になっていないと。ストレッチャーを持ってきましょうか?」
と言ってくださいました。

と言っている間に、また、もよおしてきて、4日分が、難産の末、無事、終了しました。
今度こそ、本当に落ち着いてきましたが、話しているうちに、

「いつもいつも逃げていたけど、どんどん身体が動かなくなって、逃げてばかりじゃ、お姉さんにも迷惑をかけるし
ここで、頑張ろうと思って、集中的にリハビリをしようと思って・・・・」と、涙声になってきました。

思わず、私も、もらい泣き。
どこかに、逃げる気持ちもあったのでしょう。わたしも、逃げないで頑張ろう!と、なぜか心に決めて、
彼女の勇気に触発されました。

「次にあったときは、すたすた歩いているかもしれませんね!」と、
「寂しい、寂しい、きっと一人になったら泣いちゃうわ」と話すOさんを元気付け、部屋を出たのは夕方5時でした。

さぁ、私も、できることを一つずつ頑張ろう!

今後のソース発見編ワークショップの日程です。
自分らしく生きたい人、この指とまれ!

1月30日(土)東京(文京区白山)
1月31日(日)東京(文京区白山)

2月 6日(土)東京(文京区白山)
2月 7日(日)東京(文京区白山)

2月13日(土)東京(文京区白山)
2月14日(日)東京(文京区白山)

3月 5日(土)東京(文京区白山)
3月 6日(日)東京(文京区白山)

4月16日(土)東京(文京区白山)
4月17日(日)東京(文京区白山)

4月23日(土)東京(文京区白山)
4月24日(日)東京(文京区白山)

ご希望の日程が見つからなかったら、お知らせくださいね!
予約の日に当たらなかったら、変更可能です!

PageTop

明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。

どんな新年を迎えられましたか?
暖かい穏やかなお正月でしたね!

元旦に実家に行くと、ほとんど同じ時間に姪家族が到着しました。
昨年6月にニューフェースを迎え、にぎやかになりました。

姪のだんな様はとても子煩悩で、ミルクを上げたり、あやしたり、
寝かしつけたり、とても頼りになります。

翌日、母と近くの鈴鹿明神に初詣に行きました。
大賑わいの中、赤い毛氈の上でたこ焼きを食べて、帰ろうとすると、
「あら、おばあちゃん?」と声をかける方がいます。

なんと、昨日あった、姪のだんな様のお母様です。
こんなに大勢の中で、偶然会うなんて!

姪に写メを送ってあげようと、「並んでください!」というと、
「あら、自撮しましょうよ!」

姪が世界を広げてくれて、それでいて、世間は狭いと実感しました。
いろいろな出会いのある年が始まりました。

幸多かれ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。