FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

第34回聖なる予言☆実践ガイドセッションのお知らせ

「第十の予言」ジェームズ・レッドフィールド著に沿って、現実の世界で実際にそれぞれの知恵を探求していこうという仲間の集まりです。“内なる声”に気づいた方は直感に導かれてご参加ください。


開催日時:2015年09月13日(午後1時~)
開催場所:東京都(アカデミー音羽(有楽町線護国寺駅出口1徒歩2分洋室B3階))
費  用:100円(会場費)


テキストは
「新しき流れの中へ  『第十の予言』の教え」
ジェームズ・レッドフィールド/キャロル・アドリエンヌ
山川紘矢+山川亜希子=訳
角川文庫
です。
以下は、今回のための抜粋です。

バースヴィジョンを感じましょう!!

第四部 暗闇で

第七章 バースヴィジョンを思い出す 

「直感や夢に従って人生を歩み始めると、まるで魔法のように見えることが起こってくる。そして、われわれはもっと楽しくわくわくし始める。・・・われわれが直感や未来のイメージを得るときには、実は自分の誕生する前の記憶(バースヴィジョン)を一瞬思い出しているのだ。つまり、人生のちょうどその時点で、自分が本当にやりたいと思っていたことをね。しかし、われわれは自由意志を持っているので、バースヴィジョン通りには行かない。でも本来のヴィジョンに近いことが起こると、われわれは元気になり、ワクワクし始める。なぜならば、自分が意図していた運命を、たどっていることがわかるからだ。」
(「第十の予言」117頁)

個人学習とグループ学習  p215

それぞれ家で書き出してきたあと、一対一で話し合うか、グループ全体で話し合うかしましょう。

霊的視点から両親を見る

なぜ今の両親(または世話をしてくれた人)を自分は親として選んだのか、その深い意味を考えてみる。


・ 父親の写真の下に 彼の人生を説明する文を書くとしたら、何とかくだろうか?
・ 父親の人生に欠けていたものは何だっただろうか?やりたかったのにできなかったことは何だろうか?彼に欠けているか、未熟だった性格は何だろうか?
・ 父親から学んだもので、最も大切な学びは何だろうか?
・ あなたはどんなところが父親に似ているだろうか?
・ 父親と全く違っているところはどこだろうか?
・ あなたの人生に、父親はどのような影響を与えてだろうか?


・母親の写真の下に彼女の人生を説明する文章を書くとしたら、何と書くだろうか?
・ 母親の人生に欠けていたものは何だろうか?やりたかったのにできなかったことは何だろうか?彼女に欠けているか、未熟だった性格は何だろうか?
・ 母親から学んだもので、大切な学びは何だろうか?
・ あなたはどんなところが母親に似ているだろうか?
・ 母親とは全く違っているところはどこだろうか?
・ あなたの人生に、母親はどのような影響を与えただろうか?

あなたの霊的哲学を考える

自分自身に次の質問をしてみる

両親は神を信じていたかどうか。



両親は死後の世界についてどう思っていたか?



両親にとって最も大切な三つの価値観は?



両親は私にどんな考え方を植えつけただろうか?



両親は世間にどんな遺産を遺すだろうか?



両親の生き方を見て、何をすべきで何をすべきでないと学んだだろうか?



両親の人生に欠けていたものは何か?(健康、成功、自信、愛情、ユーモア等)



私はどのように両親に似ているか?



両親の人生と私の人生は、どこがどのように違うだろうか?
父 


両親が私にとって今生では完璧な両親であるとしたら、それはなぜだろうか?




バースヴィジョンの瞑想

これは当日ご案内します

バースヴィジョンに従う

理想の人生のイメージや思いは、心の奥にひそむバースヴィジョンから来ています。心に浮かぶ思いは、あなたを通して実現されたいと願っている神の意思であると受けとめてください。オペラ歌手にはなれないとしても、もし熱意があるのであれば、それに向けて努力してなさい。さもなければ、歌う会を作って楽しむのもいいでしょう。粘り強く、明確なヴィジョンを持っていれば、それは確かな行動へと導いてくれるものです。行動することは、物事を成就するための道です。人は生き残るために、与えられた条件と戦う機械ではありません。人は自分の夢の実現者なのです。

ヴィジョンプレイ

・ どんなイメージがいつも心に浮かびますか?あなたが今持っていないものでほしいものは何ですか?
・ 今持っているもので、失いたくないものは何ですか?
・ 明日の朝、目が覚めると、理想の生活と仕事の場にいたとします。それについて、何行か文を書いてください。
・ 一言で自分を言い表すならば、どんな言葉を使いますか?あなたのその資質は世の中のために、どのように役立つでしょうか?いま、その資質をどのように使っていますか?何行か分を書いてみましょう。出てくるものをそのまま表現してみます。

現在の状況

次の質問の中から、一日に一つずつ選び、それについてよく考えましょう。
一度に全部の質問を取り上げてはいけません。
今、あなたにとって大切だと思われる質問に対して、何行か答えを書き出します。

この質問はグループで議論するテーマとしても使えます。

・ 未解決だったり、気になったりしていることはありますか?

誰かに説明したり、謝ったり、電話をしたりしなくてはならない時、それがすむまでずっとそれにエネルギーを吸い取られているものです。同じことは、何かをやろうと決めたのに、どうもうまくないと感じているときにも起こります。自分の気持ちを抑えたり、問題解決を先に延ばしていると、ますますエネルギーを吸い取られるだけです。自分のいる状況をはっきり認識しましょう。そして、解決するために、宇宙に助けを求め、直感に従って行動しましょう。何が自分を次の段階に導くか、見ていましょう。

・ あなたのエネルギーをほんのわずかでも奪っているものはありませんか?

そうでなければいいのにと思うものを列挙しなさい。(来週、PTAがなければいいのに。犬の具合が悪い理由がわかればいいのになどなど)エネルギーを奪う原因に気づき、それを書き出してみると、すぐに答えがわかったり、気持ちが変わったりするものです。

・ 今、あなたの成長の障害となっているものは何ですか?

障害はあなたを、抱えている問題や、あなたの創造性の中へと深く追いつめてくれるものです。その障害があるために、じつはどんな利点がありますか?恐れていることをしない言い訳にしていませんか?たとえば、お金がなくて仕事を拡大できないと思っているとしたら、あなたは潜在意識で次の段階に進むのを恐れていませんか?

・ あなたの人生でうまくいっているところは何ですか?

うまくいっている部分はあなたのバースヴィジョンの一部です。それがあなたの人生で始まった頃のことを思い出しましょう。あなたの心の状態はどんなでしたか?自分がやりとげたことをほめましょう。自分の成功に気づいてください。その成功に、毎日感謝しましょう。

・ エネルギーに溢れている自分自身を感じるときはどんなときですか?

エネルギーに溢れているのは、バースヴィジョンにつながっている証拠といえます。

・ 何か新しい目標が芽生えていませんか?

・ 次の六ヶ月間に何が起こるか予言しなさいと言われたら、どんなことをあげますか?今日も含めて、三つ上げてください。

・今、一番心にひっかかっている質問は何ですか?

その質問を書いた後、その質問にひそむ真の願いを発見します。
「ジョーと結婚すべきだろうか?」と質問したとすれば、あなたの心の望みは完全なパートナーとの幸せな結婚です。ですから、あなたの質問を、自分の望む結果を肯定文に書きかえて見ます。
「私は今、自分にとって最も完全なパートナーと結婚していて、幸せです」

スポンサーサイト

PageTop

五つ葉クローバー


久しぶりに五つ葉クローバーを見つけました。
そして、つぎつぎに四葉のクローバーも飛び込んできました。

「楽しいことがしたいな」と思って「セラピータクシー」を思いつきました。
タクシーに乗っている間に、傾聴やカウンセリングの問いかけやソースの問いかけをして元気になっていただく。

窓の外の景色を楽しみ、好きなことを思い出す。
そんな提案を考えて、メンタルサービス研究所のコラムに載せた日のことです。

これは、いい前兆です。


PageTop

Mの記憶

東京駅丸の内にある、丸の内ビルディング(通称丸ビル)に行ったことはありますか?
5月には1階から6階まで吹き抜けのマルキューブで「ラ・フォル・ジュルネ」のコンサートがありますね。

素敵なレストラン・インテリアショップもありますが、その昔、明治中期は草ぼうぼうの原っぱだったそうです。
1923年大正12年2月20日に完成した丸ビルの基礎は、5443本の松の杭でした。

そして、建て替えの2000年、掘り起こしてみると、まだ、松の木の香りがしたそうです。
その松の木の杭を一本選んで、コーティングして記念碑としてガラス張りで飾ってあるのを知っていますか?

行幸通り側に、その丸ビルを支えていた松が足元に、そして、ブロンズの松が、
これからの丸ビル100年をカウントしています。

そして、旧丸ビルのエントランスもステンドグラスとともに形をとどめています。
解体された家屋の廃材を素材として「記憶」をテーマに作品を生み出す土屋公雄氏の「Mの記憶」です。

丸ビルで毎日働いている方も知らないようで、ガイドしていると感心して聞き入る方もいるそうです。
という、私も、東京ガイドクラブの研修で初めて知りました。

毎日通っている場所が生き生きと、固有の場所になっていきます。
タクシーのお客様にお話したら、「もっと、ガイドしてほしい」とおっしゃっていただきました。

丸の内の駅前のガイドだけでも2時間では足りません。
学生の時は歴史なんてほとんど興味なかったのに、不思議ですね。

私のワクワクキーワード「旅行」はこんな形で楽しみを増やしてくれました。
ワクワクの棚卸し ソースワークショップで、毎日を生き生きさせませんか?

9月のワークショップは26日27日、申し込み受付中です!

PageTop