FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンとダイアナ

「最近何かいいことありましたか?」
かわいいお嬢さんが乗ってきたので、いつもの通り聞いてみました。

「仲のいい友達が、20日の土曜日に結婚するんです。
だから、いま、手紙を書いていて、金曜日に渡そうと思って。

『赤毛のアン』って、知っていますか?
私が「アン」で、友達が、「ダイアナ」って、呼び合っているんです。」

「わぁ~、ステキ」

とても仲良くなって、「どうしてこんなになかがいいのかしら?」
って言ったら、「あなたって、『赤毛のアン』のアンみたい。だからだわ!」
っていうから、
「それなら、あなたは、『ダイアナ』ね!」
って言って、それからは、アンとダイアナになったそうです。

「いろいろなことを思い出して、手紙を書いているのがとても楽しい」
聞いている私も、幸せな気分になり、感激で、うるうる・・・。

「プリンスエドワード島ですよね。
グリーンゲイブルスのノート持ってます。
小道に名前をつけたりするんですか?」

「そうそう、有栖川公園には、毎週行っています。
よく知っていますね。そう、グリーンゲイブルス・・・。」

こんなところに、「アン」がいたなんて!
すっかりうれしくなりました。

最初に、乗ってきたとき、
「窓が開いていますが、大丈夫ですか?」
と聞くと、
「気持ちいいですね!」と、返ってきた言葉も、そういえば・・・。

降りるとき、思わず、
「この本ステキですよ。『アルケミスト』
もうぼろぼろだけど。友達が貸してくれて、すごく気に入って、
買って、持ち歩いて・・・。」

「どんな本ですか?パウロ・・・コエーリョ?」と手にとって
「すぐ、探してみます。『アルケミスト』『パウロ・コエーリョ』」
と、ニコニコして。

なんてステキな出会いでしょう!!

スポンサーサイト

PageTop

実践心理学教室

悩んでいる人やカウンセラーになりたい人におすすめの講座があります。
無料の 実践心理学教室 です。
  

URL
http://ssc.la/実践心理学教室/


10名程度、人が集まれば、出張研修もします。
PTA、サークル、企業などでメンタルの研修をしてパワーアップしたい方は、
おためしください。(研修は無料でも出来ます)

PageTop

宝探し

耐震工事のために、明り取りの窓がなくなり、壁が、25cm部屋に入ってくることになりました。
3階に住んでいたのですが、4階の工事が一段落したので、
一度、4階に引越しして、3階の工事が終わったら、3階に戻れることになります。

それでも、すべての荷物を移動するので、全部、吟味することになりました。
「あぁ~、こんなところにあったんだわ~」驚きの連続です。

出てきた本を、読みふけってしまったり、箱を開けたのに、また閉めてしまったり・・・。
「ときめくものだけ残す!!」と張り紙を張ったのですが、「ときめき」が多すぎて・・・。

それでも、先日椎名先生の講座でお会いした看護学校の悩める生徒さんに、
渡したいと思っていた、「ふれあい看護学」の本が見つかり・・、でも、読み始めて・・・・。
「確かに、いい本!!」と、納得。

先日のソースの参加者さんのお子さんが、「恐竜大好き!」といっていたので、
渡したいと思っていたロバート・サブダの、飛び出す絵本が見つかり、「ちゃんと飛び出すかな??」
ともう一度、すべて読んでしまい・・・・。

宝物が多すぎます。

ごみを出していた息子が、急に静かになったと思ったら、
小さいころの作品が出てきて、一つ見ては、ゴミ袋に入れる作業をしています。

「待って!、待って!」思わず、
「老後の楽しみなのに!」というと、
「今、捨て始めたところだから、とっておいてもいいけど、他のものを捨ててね!」
と、釘をさされてしまった。

クローゼットを動かすと、そこには、息子の作品の星型の飾りが・・・。
仕方ないのでデジカメでとって、さよなら。

しばらくすると、その作品を作ったころの、ローラープレイドをはいた、息子の写真が出てくる。
20数年は尽きない。

天袋から出てきた茶箱の中は、作品でいっぱい。
結局、工芸大の写真学科を卒業した娘に、ハッセルブラッドで、写真を撮ってもらうことにしました。

以前、出雲大社の写真を見せてもらったら、「藁がここあるっ。一本一本見える~」と
驚いた、あのカメラで。

どんなに愛していたか、写真入の本にしたい。
いろいろな思い出が溢れてきて、めそめそ、ニコニコ忙しい引越しでした。

とりあえず、しまった箱にも、たくさんの宝物が入っているはず。
「命を隠しているから、砂漠は美しい」と、誰かが言っていたかしら。

遠い夢にタイムスリップ。
「親はなくても子は育つ」というけれど、「子がいないと親になれない」
子供がいることの、静かなワクワク、いてくれるだけでありがたいな~~。

本当に、宝物って、目の前にある。
今、この瞬間も、遠い日の宝物なんだろう。





なのに、「あ~、また怒っちゃった。」「怒られちゃった」
なんでもないようなことって、幸せなんだね!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。