FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

草津介護旅行

今回も、心と身体はひとつだな~と感じました。

今年で、第32回を数える草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに初期から鑑賞されていらっしゃるN様をトラベルヘルパーのHさんとご案内してきました。

施設にいらっしゃるN様をお迎えに伺い、普段の様子を伺いました。
「らくらくごっくん(?)」という食器(?)でミキサー食をお手伝いさせていただいて、
ご本人もスプーンで少し、召し上がります。

らくらくごっくんは、コップにチューブ状の飲み口が付いていて、プッシュすると、一回分が押し出されて召し上がる食器です。

お迎えに伺ったとき、お昼を召し上がる時間だったので、少しお手伝いさせていただきましたが、
私は、上手く、らくらくごっくんで、召し上がっていただくことはできませんでした。



お出かけの道を確認して、出発しました。
ところが、ナビさんは、途中で、N様が、いつも使う道ではない道を案内し始めたらしく、
「ここは通ったことはない、ここは知らない」と言い出されました。

そこで、私は、「違う所を曲がってしまったようですね。」「いまは、川原湯温泉ですよ」
と、地名を伝えながら、草津に向いました。
「草津まで8k」の標識があったので、「もう、8kで草津ですよ」と伝えても、
「まだ、草津じゃない」とおっしゃいます。

知らない道は、不安になりますよね。

やっと、「草津」の交差点まで来ると、会場の音楽の森コンサートホールへのN様の道案内が始まりました。
N様は、数学の先生をされていらしたそうで、会場には、教え子の方がいらしていて、ご一緒に写真を撮られたり、懐かしい方とお話ができたようで、とてもうれしそうでした。

プログラムを見続けて、「明日も聴きたい」とおっしゃいます。
翌日は朝のうちに出発して、施設に変えられる予定だったので、施設に確かめたところ、
「予定通り帰ってください」とのことでした。
なので、残念ですが、「また、来年、参りましょう」と納得していただきました。

それでも、コンサートの後は、ザルツブルグに行った時のことや、大スキなヒンクさんのお話、教え子の方のお話で盛り上がりました。


そして、翌朝のお食事では、らくらくごっくんを全く使わず、スプーンでパクパク召し上がり、くるみパンを手にとって、ぱくっと齧ってしまいました。珈琲も、少しとろみをつけて召し上がり、満足そうでした。

みるみる様子が変わり、ニコニコされました。
いろいろご事情がおありのことと存じますが、生きる希望はこういうときに育まれると改めて実感しました。

来年は、ヒンクさんのヴァイオリンが聴けるといいですね

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。