FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

第17期都民ボランティア

第17期都民ボランティアをスタッフとして見届けてきました。

最終期ということで、ボランティアの方々はモチベーションが高く、素晴らしい方々でした。

もちろん、毎期、素晴らしいのですが・・・。

ラストの3日間お手伝いさせていただきました。

第6期、第9期と参加したときは、ガレキの撤去、支援物資の仕分け、炊き出しで、

被災された方々のケアをされていましたが、

今回、牡蠣のいかだ作りと、ホタテ・ワカメのいかだのアンカー作りという、

未来に向けてのニーズがあり、うれしくなりました。

そして、田んぼにひまわりを植えたいという声に、苗が1000株集まりました。

これは、都民ボランティアOBが夜行で、持ち寄って、耕して、植えつけるという

本当に自発的な活動になりました。

都民ボランティアという、きっかけが、歩を進めています。


お話を伺うことで、笑顔が戻ったおばあちゃんがいます。

気仙大橋がかかりました。

もちろん、まだまだのところも、たくさんありますが、

少しずつ、少しずつ、未来に向っています。


最終日には、大勢の方が見送ってくださいました。

宿泊させていただいたセンターの方々、そして、サプライズで幼稚園の園児達が花を付けて、

見送ってくれました。

ディリーヤマザキのスタッフの方、道に座って待っていてくださったおじいちゃんおばあちゃん、

HILL TOPのマスター、みんな手を振って見送ってくださって、涙涙でした。

そして、夜なのに都庁でも出迎えてくださり、先に泣く泣く帰られた、A社協のSさんもいらっしゃいました。

今回は、スタッフのかたも、皆さん志願で、本当に素晴らしかったです。


この活動が、また、再開されて、被災された方々が、ますます笑顔を取り戻し、

新たなつながりの中で、復興が進むことを願って止みません。

スポンサーサイト

PageTop

sedona method

安藤 理さんのセドナメソッドに行ってきました。


いつか受けたいと思っていました。

いろいろな問題があり、家で食事が取れなくなって、何かしなくてはと思っていました。

ヴォイスのエリクソン?ゲシュタルトの岡田さん?やっぱり、「手放す」なら、安藤さんのセドナ?

16日の夜思って、17日の朝ネットで安藤さんのHPを見ると、「7月17日セドナメソッド・・・東京」

!!!今日!!!

連絡先を探しましたが、見つかりません。

これは、もう、講師の安藤さんに聞くしかない。

9:45受付なら、8:00なら大丈夫?

「もし、無理なら、仕事に行けばいい」そう思って連絡すると、

「キャンセルがあったので、大丈夫だと思います。受付にいっておきます。」

絶対大丈夫な気がしていました。

ソーストレーナー養成講座のときも、ぎりぎりで申し込むと、「キャンセルがでましたから大丈夫です」でした。

ものすごく期待していました。

2日前に、安藤さんから頂いたセドナの絵葉書が出てきていました。

陸前高田からの帰り、窓から虹が見えたし、うとうとしてから目を開けたら、

満月が飛び込んできたし・・・・。


体験の前に、「特定の状況を思い浮かべますか?」と伺うと、

「人間関係全般よりは、どの人と、と、一つ一つにしたほうがいいでしょう。」

という答え、安心してこれで解決できると思ったとたんに、胸が温かかくなりました。

全く別のことを考えていたのに、でてきたのは、小さい頃誰にもいえなかったこと。

その時の気持ちに「怖い」という名前を付けて認めてあげました。

そして、手放すと、気が抜けたような感じでした。

そして、講座は進んでいるのですが、心の中では、

「怖かったんだね、ずっと、わけのわからないものがあったんだね。」

と寄り添っていました。

握り締めていた物が溶け出して、消えていく・・・・。

不思議な感覚でした。


そして、今日。

体験会でした。

「できない」という気持ちを手放すと、

「できるよ」という気持ちが出てきて、それも手放す。

「それじゃダメだ」と言われた時のわけの分からない気持ちを手放すと、

「それでいいじゃない」と、でも、怒っている気持ちがでてきて、それも手放す。

悲しい気持ちを感じているうちに、それが外に出て行くと、

胸が温かいもので、満たされる。

本当に不思議な体感でした。

何年分も、このときを待っていたかのように、解放されていきました。

「感じるのをやめよう」と思ったときから、ずっと閉まっておいた、もういらない物が、

このときを待っていた。

ゲシュタルトの激しさもなく、NLPの移動もなく、こんなに簡単に???

でも、これは、安藤さんだから???

とても、丁寧に言葉を繰り返し、違和感のある表現が全くない、すごいなぁ~!!



問題だと思っていたことも、そのことを思っただけで、

「大丈夫!」と反応している自分を信頼できるようになりました。

ご飯もしっかり食べられるようになりました。めでたしめでたし。

PageTop