FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

都民ボランティア東北支援ドライバー

今回は、ひこばいの森交流センターに宿泊しました。
何度も、地元の方の会合が開かれていました。

海のために、森を育てる植栽の準備をされていらしたそうです。
広葉樹を植えて、落葉することによって、豊かな海が育まれる。

自然の循環はすごいなぁ~
そして、それを手伝うこの方々も、自然の循環の一部なのだと思いました。

夜、扉を明けていたら、ツバメが間違えて入ってきてしまいました。
桟にとまっていたので、そっと捕まえて外にでました。

手のひらを開くと、足を丸めて動きません。
「死んでしまったの?」と、思った瞬間、起き上がり、羽ばたいて夜の空に・・・・。
きっと怖かったのでしょうね。

スリムなハートの形の後姿、確かに、燕尾服にデザインをもらいたい気持ちになったのが、分かる気がしました。
無駄のない、キュンとした、野生の強さ、ちょっと憧れる。

そして、ご褒美のように、夜空に広がる天の川を発見、
もう少し星座の勉強をしておけばよかった、夏の大三角だっけ?アルタイルと・・・・・。

名前を勝手につけてしまいたい・・・。

3月の地震のすぐ後から、現地入りされてボランティアをなさっていたクリエイターの方、 
ルワンダ赴任からの3週間の帰国を利用して、ボランティアに参加されている方がいらっしゃいました。
素晴らしい方ばかりです。

社協の方と、ボランティアさんの様子を拝見したり、依頼者の方のお話を伺ったりするたびに、
人はすごいなぁと、感動します。

前回、準備していた足湯に参加できました。
年配の方の手や、足をさすってお話を聞いていると、
お孫さんくらいの足湯のスタッフが、一緒に涙ぐんでしまいます。

高田第一中学校避難所には慰問の方が多く訪れ、皆さんを元気付けて下さったそうです。
お絵かき帳に頂いた、サインを順番にみせてくださり、最後に、
「ここにサインを書いて」といわれたときには、「こんな素敵な方のサインの後には、書けない」と
お断りしても、「書いて、書いて」といわれるので、都民ボランティアの皆さんで書かせていただきました。

Sさんは、
「足の悪いお父さんが、『お前は先に行け』と、逃がしてくれたから、
お父さんにもらった命だから、好きなことをして生きていくの」
と、おっしゃいます。
聞いているうちに、一緒になって泣いてしまいました。

お父さん、見ていますか?
Sさんは元気に過ごしていますよ!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。