幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うれしいことがいっぱい!

fecebookで過去の投稿のお知らせを見ていたら五月は(いつもだけど)素敵なことがたくさん起こっていました。
ちょっと集めてみると・・・

2017年5月17日
山川紘矢さん亜希子さんにお乗りいただけたらいいなぁ、と思っていたら、夢が叶いました
誰もいないルルド、パイプオルガンの響くカテドラルもご一緒できるなんて
水神様、fecebookに投稿してくださった紫貴さんに感謝です!ありがとう!

亜希子さんのfecebookの投稿
水神様をお参りした後、パン屋さんで休憩しました。すると,突然、下平さんが現れました。フェイスブックの投稿を見て駆け付けたとのこと。その後、彼女が東京カテドラルまで連れて行ってくださいました。

そこで有名なルルドの洞窟のうつしに初めて参詣しました。ドイツにもあったなあ。とても気持ちの良い場所でした。

そしてカテドラルに入ると、荘厳なオルガンの演奏が響き渡っていました。その音楽に包まれてしばし祈りを捧げました。やはり,教会に入ると,私の魂がほっとしているのがよくわかります。ホームに戻ってきたのだと。クリスチャンではないのですが・・・

オルガンはオルガン瞑想のために練習をされていたそうです。いつも,聞けるわけでは内のですね。素晴らしいプレゼントでした。 

水神様にお参りした後で,カソリック大聖堂にお参りとは,思ってもいませんでした。最後に素晴らしいメッセージまでいただいて、とても貴重な一日になりました。ありがとうございました。

2016年5月18日
500円玉も50円玉もなくなって、おつりに困っていたら、両替のようにお支払いくださる方が、現れました!
500円玉、100円玉、50円玉、十円玉、善種類です。
「細かくてごめんなさい!」とおっしゃるので
「いえいえ、神様みたいです!細かいのがなくて、困っていました」と応えると
「重くて困っていたの。軽くなってよかったわ!」と、ニコニコ!
いいタイミングです!感謝

5月18日
関口フランスパンの紅茶ロールを食べたいなぁ、と思っていたら、乗られたお客様が、「江戸川橋の関口フランスパンて、わかりますか?」
水神様のお話しをして、「いま、紅茶ロールを買いに行こうと思ったところです。でも、売り切れちゃってるかも」といって、お送りしたあと、水神様にお参りして、お店に入ると、レジの前に「紅茶ロール」の札だけがありました。残念!やっぱり売り切れ、と、思ったら、前に並んで会計をしていた方が、振り返り、「紅茶ロールをとっておいてあげたの、最後だったから」と、先ほどのお客様が手渡してくださいました!すご~い!感謝です!

2013年5月15日
今日は、96歳のNさんと、90歳の奥様を、栃木の息子さんの工場に送迎しました。
そして、今日は、69周年の結婚記念日ですって!!すご~い、ステキ!!

2013年5月13日
今日は、ソース・ワークショップ2日目でした。
とても楽しい一日でした。Aさん、ありがとう!

スポンサーサイト

PageTop

怖い話

とても怖い話を聞きました。
稲川淳二さんのお話を友達が話し出しました。

「ある夜、タクシーに若い女性が乗りました。
女性は自宅につくと、「お金がありません。家に戻って取ってくるので、待っていてください」
といって、家に入っていきました。
しばらく待っていましたが、なかなか出てこないので、家に行ってみました。
すると、年配のご夫婦が出てきて、戸惑いながら
「娘は亡くなりました」と答えます。
ちょっと怖くなって、タクシーのドライバーさんは帰っていきました。

しかし、翌日、娘さんのご両親は「あのタクシーは娘を家に送ってくれたのかもしれない」と思い直し、
料金を払おうと、タクシー会社に連絡しました。

すると、タクシー会社の人は、戸惑いながら
「そのドライバーさんは、亡くなっています」と答えました。」

というお話でした。

私は、それを聞いて、とても怖くなり、ちょっとタクシーの仕事が怖くなりました。
-----何で、そんな話を私にするんだろう・・・------
なにげなく聞いた話を、タクシードライバーの私の顔を見たら、思い出しただけとは思うけれど、
ーーー聞きたくなかったなぁ~----
と思いました。

そして、それから、まもなく・・・・・・。

ある夜、乗られた男性二人が
「運転手さん、なにか怖い話知ってる?」
と聞きます。

先日の話を思い出し、丁寧に怖~くお話しました。
話し終わると、ちょうど、目的地は青山墓地!

「怖くて、降りられないよ!」といいます。
振り向いて、私もびっくり!
角刈りのこわもてのお兄さん二人でした!!

なんというタイミングで、友達が怖い話をしてくれて
なんというタイミングで、こわもてのお兄さんが乗られるとは!

PageTop

若き寿司職人

19歳の寿司職人のお客様が乗られました。

揚げ物をするときには、ぱちぱちとか、音を聞く、すると、油が教えてくれる!
魚をさばくとき、尾から包丁を入れると当たる場所があるから、そこから頭を切り落とす、魚が教えてくれる!

食材を触っていると楽しい!

「お前にはできない」といわれると、「お前に何がわかる」と思って、やってやろうと思う。
ジャガイモを剥く実技のとき、一箱買ってきて練習した。
魚をたくさん買ってきて、練習した。

認めてもらってうれしかった。
言葉では褒めない。
「野菜を切ってみろ」と、新しいことをやらせてくれる。
「あじをさばいてみろ」と、新しいことをやらせてくれる。
それで、わかる。

洗い場は大変だけど、一年やれば、次のことができる。
だから、1年なのに、辞める。頑張ればいいのに。
「いまどきの若いやつは・・・・」と、19歳の成年が言う!

教わることがたくさん!

PageTop

ステキなお客様

8日は、鎌倉霊園にお墓参りの送迎でした。サクラ咲く山からウグイスがあちらこちらから声を聞かせてくれて見晴らしもよく、穏やかな日でした。Uさんはウグイスを真似て口笛を吹いて「近くに来たら被せちゃう」とお茶目で、「カラスも声をかけると、ついてくる」と、誰でも仲良しになってしまうそうです!満開のサクラ並木で「幸せ、幸せ」と繰り返され「また、この時期に来ましょうね!」と大喜びでした。あまりに堪能されたので、30分延長してしまい、囲碁のお迎えに、30分遅れてしまいました。
98歳のNさんに「お待たせするので前のコーヒーショップでカフェオーレを召し上がって待っていてください」と連絡して急いで高速で向かったのですが、到着すると、Nさんは何も召し上がらず待っていてくださって、「何を頼みますか?」と聞いてくださって、その時に、ご自身のカフェオーレも一緒に注文されました。ボルサリーノの似合うジェントルマンとプチデートでした!
ステキなお客様に感謝です!

PageTop

あわのうたⅠ

1月に入院されるお客様が、とても心細い様子だったので、リングメモに書いた「あわのうた」を切り取って、「これを読むと元気になりますよ!」と言って渡しました。今月退院されて、また、通院の送迎をしたのですが、そのときに、「いただいたのを汚れないようにビニールで包んで、不安なとき、お腹が痛いとき、寂しいときに読んでいるんですよ。まだ、綺麗なままですよ。読むと良くなる気がして」とお話になりました。聞いたら、涙が出ました。一人暮らしで身体がとてもゆっくり動かれ、それでも頑張っていらっしゃって、でも、台所が片付いていないのが気になって、「ヘルパーさんが来るまでほって置けばいいのよ」といわれても、綺麗に片付けて生活していらっしゃる方です。お姉さまが近くに住んでいらっしゃるので、いろいろお世話をしてくださるそうですが、本当に元気になってほしいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。