FC2ブログ
 

幸せを運ぶ☆ワクワクセラピー ソース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

準備のできている人

「準備ができると師が現れる」といいますが、いろいろ学び、準備ができると素晴らしい参加者さんが現れると実感しました。
「完成されたプログラムなので、その通りにやっていけば大丈夫」と、安藤さんがトレーナー養成講座でおっしゃっていました。

確かにそのとおりなのですが、よくわからない部分があるときもトレーナーとして、ソースを伝えてきました。
「たくさんの質問を何度も繰り返す」のは、どの質問が、その方のソースに結びつくのかがわからないから。

「答えが出なくてもいい」・・・その方のソースにつながる質問ではなかったから。
本当にそうだと思います。

満月の夜にカテドラルで出会い、後光の射す山川紘矢さんの写真を見せたら、光り輝くマリア様の写真を見せてくださった
Yさんは、まさに、準備のできた方だと思いました。

忙しい中、予定を調整してくださり、二週間も経たずに受講されました。
それも、日程が一日しか取れず、13時間のロングワークショップでした。

そして、ワークショップは、私がファシリテーとするのですが、素晴らしい世界を見せていただいたようです。
五島列島のマリア様に「あなたが大変な思いをされましたおかげで、この地にキリスト教は根付いています。ありがとうございました」とお祈りをされたときマリアさまの写真が、お返事するかのように、光り輝いていた、その写真でした。

創造主からのメッセージの瞑想では、すっかり深い瞑想に入られ、シスタームーン、ブラザーフットも現れて、
オーラフィールドの広がりを感じました。

ワークショップの少し前に、広がりすぎたオーラフィールドを調和の取れた大きさに戻す方法を知ったばかりで、
それも、このために、知るべきことをあらかじめ知ることができたのだなとわかりました。

自身の中から見つかったキーワーを
ワクワクの地図に載せることで、そのかたの地図が出来上がります。

それもまた、感動でした。
今回のワークショップは、わからなかったことがわかり、プログラムの素晴らしさを再確認できて、
素晴らしい参加者さんに教わる、私にとっても学びの多いワークショップでした。

そして、昨日乗られたお客様が、「アメリカ、シアトルから来ました」といわれ、ソースの故郷シアトルから
また、私に「正しい道を歩いている」とシンクロして教えてくれたようでした。

シアトルは、アマゾンなど、IT産業の拠点で、もちろんボーイングもあり、そして、「京都から来た人が『ワクワク』って言っていたような気がする。それかしら?」とおっしゃっていました。「『ソイソース』という名前の情報誌もありますよ」と今の、シアトル事情も教えていただきました。

自分だけのワクワクの地図を創りませんか?
ワークショップ日程
8月12日13日
9月16日17日
10月7日8日
11月11日12日
12月9日10日
*保育園の間にワークショップに参加したいという方のときは、平日9:30から17:30のときもありました。
 午前中仕事で、午後だけ三日間で13時から17時というときもありました。
 一日目は土日、二日目は平日のときもありました。
ご都合のいい日を2-3日お知らせいただけば、その日を第一日目にして、二日目を相談することもできます。

メインの仕事は「運転」というワクワクを活かした仕事なので、ソースは「伝えたい」気持ちの現れです。
是非、ソースとつながってくださいね!

スポンサーサイト

PageTop

マリアさま、水神さま、アイリーン、ありがとうございます!

ストロベリームーンの夜、行きたいイベントが二つありました。

町田で「食を考える」
神楽坂で「心の扉を開く」

町田に行くなら、5時に会社を出ないと間に合わない、ところが、乗ったお客様をお送りすると間に合わなくなってしまいました。
神楽坂に行くなら、6時に出ないと間に合わない、ところが、それも間に合わない。

自宅に向かっている内に、近くのカテドラルに行って、ルルドの前で、少し瞑想しよう。
やっと、そう思って、坂を登っているうちに、「夜は閉まっているかもしれない」と、気づく。

とりあえず,行ってみよう!
カテドラルに近づくと、大勢の人が出口に向かってきて、ストロベリームーンを撮っている方もたくさん!!

オルガンメディテーションの日だったのですね!
8時を廻って、終わったところのようです。

ルルドに向かうと、屋根の三角に柔らかな光の満月が見えます。
ちょうどいい場所に大勢集まって、譲り合いながら撮っています。

私も、満月の見えるところで撮ろうとして、「あら、ごめんなさい、入っちゃったかしら」
と、声をかけてくださる方もいらして、「ここに来る人は思いやりのあるかただなぁ~」
と思ってたら、先月の山川ご夫妻の、マリア様から光が降り注ぐ写真を見せたくなって

「ここで、こんな写真が撮れたんですよ!」とお見せしました。
すると、「私もこんな写真が撮れたんですよ」と、光るマリアさまの写真を見せてくださり、

本当のルルドにいっていらした方から、お水をいただき、一緒に写真を撮ったり、
輪になってアチューメントするのに、混ぜてくださいました!!

そのうえ、「だれか、なにかを」といわれたとき、「あわのうたを歌ってもいいですか?」といっている私がいて
拙い歌を歌っていました!!あらあら・・・・。

もちろん、皆さんの幸せを願っていましたし、感謝していました。
チベタンベルで、チャクラの浄化もプレゼントしたかったし。

フィンドホーンに行ったときのように、ここも、実験の場かもしれない!
アイリーンのおかげかしら。神楽坂の「心の扉をひらく」は、ここにもつながっているかもしれない。

そして、今度は、お話した水神様に行ってみたいという皆さんをご案内して、
マイケル・ジャクソン、スティーブン・タイラー(エアロスミス)、ボン・ジョヴィ、
ミックジャガー、ジャッキー・チェンも来たことのある、「らくらく」までご一緒して・・・。

その上、12日の「山川紘矢さんといく江ノ島ツアー」にも、お二方、ご一緒して、
翌日お礼に、ルルドのマリア様にもご一緒して・・・・。

ご縁はこんな風につながるのですね!!

そして、ワクワクソースのワークショップも6月は二回もできることになりました!
そして、来月も日程が決まって、私のワクワクも全開です!!

マリア様、水神様、アイリーン、ありがとう!ありがとう!ありがとう!

PageTop

水神様・マリア様・イエス様 ありがとうございます!

FBを見たら、見慣れた景色と、見慣れない光が降り注いでいる山川紘矢さんが写っていました!
家の向かいの水神様の前で、紘矢さんにスポットライトのように光があたっています!!!

それも、「4分前」
駒込を走っていたので「15分で着けば会えるかもしれない!!もしかしたら、カテドラルのルルドにいるかもしれない」

関口フランスパンの駐車場に車を停めて、「もういなかったら、紅茶ロールを買って帰ればいい」と思って入って行きました。
テーブルを見渡すと、わ~、紘矢さんと亜希子さんがいらっしゃる!!

「フェースブック見て、来ちゃいました!」
喜び勇んで飛んで行くと、亜希子さんが、隣の席を勧めてくださいます。

写真を取られたのは、紫貴さん、以前も水神様の写真をUPされていて、今回もご一緒かも知れないと思っていました。
紫貴さんは、着物姿の美しい、とてもアクティブな方です。

山川ご夫妻が、水神様に行ったことがないというので、ご案内されたとのこと。
ルルドのうつしは行ったことがないというので、ご案内することになりました。

ほんの数百メートルですが、上り坂、健脚の山川ご夫妻ですが、せっかくなのでタクシーに乗っていただきました。
というか、「いつか山川ご夫妻に乗っていただけたらいいなぁ」と思っていたので、とてもうれしい。

浄化のジュニパーのアロマが香り、喜んでいただけてほんとに良かった。
乗車中の写真を取ってくださって、お宝になりました。

ルルドにつくと、誰もいなくて、紘矢さんは「アベマリア」の曲を流してくださって、ベンチに横になりしばし瞑想。
一緒に写真も取ってくださって感激です。

カテドラルには、巡回中のイエス様の絵もあり、パイプオルガンの練習中でした。
美しいオルガンの響き、祈るお二人、素晴らしかったです。

紫貴さんから送っていただいた写真はどれも光が降り注いでいて、
紘矢さん亜希子さんは精霊とつながっていらっしゃるのだなと改めて感じました。

水神様の説明を読まれて、「200年分の感謝」をされる亜希子さん!
本当に慈愛に満ちていらして聖者はこういう方だと思いました。

思いがけない素晴らしい日になりました!!

PageTop

ワクワクがいっぱい!

ワクワクを生きるプログラム「ソース」では、自分だけのワクワクキーワードを捜します。
探し出したワクワクを全部実行します。

すると、いろいろなことが磁石につくように引き寄せられてきます。
振り返ってみると、本当にワクワクがいっぱい引き寄せられていました。

ワクワクを地図に書き込むと、私だけの「ワクワクの地図」が出来上がります。
眺めているだけで、うれしくなります。

「運転」というキーワードから選んだタクシードライバーは、ワクワクの地図を駆け巡ります。
「読書」のキーワードは、読んだ本の作者がお客様として乗車され、子どもの通った中学校の跡地の体育館を道場として指導されていて、参加しました。

山川亜希子さんがご紹介されていた「合気開眼ーある隠遁者の教え」という本を読んで、しばらくしてから
とても気になるお話をされるお客様がいらして、いろいろお話している内に

「本を書いているから、今度、送りましょう」といって名刺を頂いたら「保江 邦夫」と書いてあります。
「え~、保江さんですか~?本読みました!!山川亜希子さんがご紹介されてました!」

びっくりポンです。本には道場の場所が河田町になっていましたが、いまは、江戸川橋体育館!
なんと、子どもが通っていた中学校が統廃合されて跡地にできた体育館です。
体育館の建物はそのままなので、授業参観に行ったところが道場になっていました。

「病気」「ヒーリング」は、病気のお客様がアロマトリートメントの顧客になってくださいました。
たまたま、名刺に「アロマハンドセラピスト」と書いていたらご要望があり毎週ご自宅に伺うことになりました。

アロマは、皮膚から浸透するので、施術させていただいている私もアロマのヒーリング効果があります。
なんて幸せなんでしょう!

そして、「読書」「旅行」「運転」「自然」「ファンタジー」「庭仕事」「音楽」「お茶」は、昨年、お客様がチケットをプレゼントしてくださり、本を読んで知ったスコットランドのフィンドホーンに一緒に旅行に行き、レンタカーを借りて運転、あわのうたを独唱し、自然の中でディーバを感じ、畑仕事をして、庭で採れたハーブでお茶を飲み、ブラックバードに導かれ山を登るファンタジーを体験しました。

本当に、夢のようです。行きたいといったのは6月下旬、7月7日には羽田を発っていました。
山川ご夫妻の翻訳した「フィンドホーンの魔法」の本でフィンドホーンを知り、いつか行ってみたいと思っていましたが、まさか本当にいけるとは思ってもいませんでした。

国際免許も持っていかなかったのに、レンタカーを借りることになり、なんと、貸してもらえました。
ハイランドの素晴らしい景色の中を走り、黒い顔の白い羊さんに会い、丘を越え港町を通りフィンドホーンへ。

また、ソーストレーナー講座でご一緒した方のパートナーが乗車され、パートナーシップのインタビューをする運びになりました。

たまたま、そのときNLPの講座を受けていて、タクシーの中にテキストがあり、「NLPをされているんですか?」と聞かれたので、
「今、勉強中です」と答えると、「後ろの人はNLPの本を出しているんですよ」とおっしゃるので、助手席のその方に、「お客様も本を出しているのですか?」と伺うと名刺をくださいました。

そこには、ソーストレーナー講座でご一緒した大空クレアさん(現在は岩崎クレアさん)のお顔があります。
「私、この方と一緒に講座を受けました!えっ、イチローさんですか?」

そのころ、日本メンタル研究所のインタビューに毎回スタッフとして参加していたので、思わず「インタビューさせてください!」
といって、お話を伺うことになりました。
インタビュー記事はこちら
日本メンタルサービス研究所インタビュー集

ソースを受講された方が、タクシーのお客様になり、雨が降ると予約されるので、私も雨が楽しみになり、お客様も「いやだった雨の日が好きになった」とうれしい言葉を頂きました。

赤ちゃんを抱っこして、保育園に送って行くのはとても大変なので、お手伝いさせていただいております

「自然」「物理」は、虹や彩雲に出会うことも多く、日輪や夕焼け、朝焼けに心踊ります。

タクシーに乗車される方が、顔を見ただけで「女性でよかった」と喜ばれます。おかげで私も「リラックス」できます。
テレビに出たり、雑誌に載ったり、ソースを生きるといろいろな思いがけないことがおきます。
最近「庭仕事」ガーデナーのお手伝いを始めました。とても楽しいです。

本当にいろいろなことがありました。

あなたには、あなただけのワクワクがあります。
話していると、どんどん出てきます!

本当に楽しいソースワークショップ!
私も、ソースのワークショップは、いつもワクワクします。

ワークショップの内容は

●「あなたが輝く瞬間・現在過去編」> (あなたの現在から過去のワクワクをいろいろな角度から見ていきます。
●「あなたが輝く瞬間・未来編」
(現時点からみる未来のワクワクを見ていきます。)
●「ワクワクの地図」
(ソースのオリジナルのワクワクの地図です。)
●「あなたの存在意義」
(この存在意義が、あなたの軸になります。)
●「ソースの車輪」
(存在意義の軸に沿った大切なバランス一目でわかるワクワクの行動計画表)
●「まとめ」
(すぐ楽しくできる「小さな一歩」のシェアー)

それぞれのテーマで、伺いますので、思い出してお話して、ご自身でノートに書き留めます。
 ここで、一部、誘導瞑想を入れてあります。
 なので、A4くらいの大きめのノートをお持ちいただいています。

講座の中で、思い出さなくても、帰ってから思い出したり、書きたいことが増えたりします。
 過去の楽しかったことを再体験して、そこに流れるワクワクの鉱脈を発見します。

ソースのワクワクには、楽しいことや心躍ることもありますが、親や家族から、「そんなことばかりして」とか、
ご飯に呼ばれてもなかなかやめなかったことだけれど、本人にとっては、夢中なことも含まれます。

誰かが賞賛しても、自分ではあまりうれしくなかったことは含まれず、誰からも評価されなくても
心が満たされることはワクワクに入ります。

最近楽しかったことはありますか?
忘れられない素敵な思い出はありますか?


ワークショップは、二日間  9:30受付 10:00~18:00

会場:サロン・ド・ソフィア http://www.uwc-uwc.com/access.html

持ち物:「ソース」の書籍(事前にお読みいただけるとよろしいかもしれません。読んだだけでワクワクします)
      http://www.voice-inc.co.jp/store/book_last.php?genre1_code=01&genre2_code=001&genre3_code=001&genre4_code=0000000002418
     「アンバランス度テスト」をされてみると、現在地がわかります。ソースの旅のスタート地点です。     
https://www.voice-inc.co.jp/content/544

半年後、一年後どうなっているか楽しみですね!

受講料:43200

何か不明な点がありましたらお知らせくださいね。

愛と感謝を込めて
ソーストレーナー

PageTop

日本エドガーケイシーセンターのお話

日本メンタルサービス研究所のインタビューで日本エドガーケイシーセンター会長の光田先生にお話を伺ってきました。
光田先生は、お父様がシベリア抑留で、マルクス、レーニンを叩き込まれ、とても偏った考え方をされて、その影響で
大学生の頃は、遺書を何枚も書いていたそうです。

それが、エドガーケイシーの「転生の秘密」の本に出会い、一晩で考え方が180度変わって、生きる希望が湧いたそうです。
とても、情熱を持っていらして、ケイシーによって命を救われた人生なので、忠犬ハチ公のように、ケイシーに捧げると
おっしゃっていました。いろいろな方が、「こんなのもあるよ」「あんなのもあるよ」といっても、療法を探求しているのではなく、
ケイシーを探求しているのだから、と。

そして、夢はいろんなことを教えてくれる。
奥様との結婚も夢の導きと伺いました。

そして、大好きなケイシーが、前世では、透視のできるギャンブラーだったそうで、魂は、
みんな素晴らしいけれど、そのカルマによって、現世での状態が変わるから、
いつ、自分がこの人になるかもしれないからどのような人も、素晴らしいと。

いろいろなことが腑に落ちるお話でした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。